バーチャルオフィスの活用法

レンタルルーム

バーチャルオフィスはインターネットなどの普及により近年登場したシステムであり、様々な活用法があります。

バーチャルオフィスとは企業がオフィスの設置のコストを削減するため、サービス業者に起業時に必要な住所や電話番号を借りた職場のことです。レンタルオフィスや貸し会議室を利用するよりも、比較的安価で起業することができます。ネットワークの通信を介することで、オフィスをスペースとして設置しなくても仕事をすることができます。

バーチャルオフィスの手法

会議中

バーチャルオフィスの手法は2つあります。

1つは住所や電話番号などをベンダーから借り受け、あたかもそこに会社が存在するかのように運営する方法で、もう1つは企業においてグループウェアや電話会議などのITを駆使することで1つの場所に全員が集まる事なく作業する方法です。

前者は少ない資金で起業する場合や、対外的にある場所にオフィスがあることにしておきたい場合などに用いますが、法人としての様々な登録に制限があります。

後者は場所の離れた社内や取引先の打ち合わせ時に、移動にかかる時間や交通費を削減し、より効率的に作業をすすめる場合に用いられ、これにより遠方の支社や取引先とも円滑に業務が進められます。

バーチャルオフィスとは

シェアタイプ

バーチャルオフィスとは、起業して事業を開始するにあたって最低限必要となる住所や電話番号、FAX番号などをレンタル利用する事が出来るサービスの事を言います。実際に業務を行うスペースが確保されている貸し会議室やレンタルオフィスとは異なり、バーチャルオフィスには執務スペースが確保されていないのが特徴です。

レンタルした電話番号に電話がかかったり、レンタルした住所に郵便物が届くと、それらは自動的に利用者のもとに転送される仕組みとなっています。

レンタルオフィスの利便性

スカイビュー

レンタルオフィスは、人通りの多い地域にでも比較的安い値段でオフィスを構えることができる点がとても便利です。販売店舗などでは立地次第で業績が変わりますから、業績をアップさせる役に立ちます。

場所を変えたいときには、契約をストップすればそれだけですぐにでも移動が開始できますから、非常に利便性が高いといえます。土地や建物の売買をしなくてもいいので、手間がかからずに低コストで好きな場所に移動ができるのです。

レンタルオフィスの形態

シェア会議室

レンタルオフィスの形態にはいくつかの種類があります。例えばビルなどの1フロアを貸し切ったタイプのオフィス、1フロアをいくつかの企業で共有するタイプのオフィスなどがあります。特に後者のタイプがレンタルオフィスでは一般的で、机などの備品も揃えられているのが特徴です。

同様のサービスとして貸し会議室といったものもあります。このサービスではオフィスよりさらに広い会議スペースの貸し出しを行っており、会議だけでなく様々な用途としてレンタル可能な点が特徴です。